« ●イエス・キリスト「十字架上の最後の七つの言葉」…!! | トップページ | ●ルルドの泉の奇跡と腐敗しないべルナデッドの遺体?…!! »

2014年5月18日 (日)

●ルルドの聖母(泉)と奇跡…!!

べルナデッド◎◎フランスのピレネー山脈の洞窟ルルド
◎ルルドの聖母(泉)と奇跡…
†カトリック教会では5月と10月は聖母マリアの大切な月でありロザリオを中心にお祈りを捧げます。その第一弾としてルルドの聖母を取り上げたいと思う。
・[伝説]1858年(安政5)2月11日フランス南部の寒村ルルドで奇跡は起きた。ルルドとは、南フランスの町の名前である。14歳になる羊飼いの少女べルナデッド・スビルーはこの日、妹トワネットと友達のジャンヌと一緒に、薪を拾うため、ピレネー山脈にあるルルドのマッサビエルの洞窟へ入って行った。少女達は洞窟の前に流れるガブ川につくと、まずはジャンヌ川を渡り、次いでトワネットが渡った。そして最後べルナデッドに渡る順番が来た時。彼女自身の言葉によれば、「片方の靴下を脱いだ時、風の音のようなものが聞こえてきた」という。奇妙な風の音を聞いたべルナデッドは、すぐに周りを見回したが原因はわからない。しかし目の前の木の枝が動いていたことに気づき、さらにその上にある洞窟の右側のくぼみに視線を向けると、「柔らかい光に包まれ、白いベールと服、そして青い帯をした若く美しい女性」が見えたという。最初、この女性に対してべルナデッドは恐れの気持ちを抱いた。しかし、光に包まれた貴婦人が微笑みを浮かべながらロザリオを持って十字を切ったあとでは、恐れの気持ちがなくなっていたという。そのため彼女はロザリオの祈りを唱えることができた。貴婦人も声は出さなかったがべルナデッドの祈りに合わせてロザリオの珠を爪繰っていた。そして15分ほど経つと、貴婦人は金色の雲に包まれて消えてしまった。これが、この後も含め計18回出現する、聖母マリアのルルドの最初の目撃の様子である。以降、聖母マリアが目撃されたマッサビエルの洞窟の上には教会が建てられ、9回目の出現で聖母マリアのお告げ通り、足元の土を掘ると洞窟の前に清水が湧きだし、この霊泉で難病が治るなどという奇跡が起こった。この奇跡にあやかりその後世界各地でこのルルドを模倣し、聖母マリア像を収めた[ルルド]が造られるようになった。本場のルルドは地名だが、日本では「奇跡の泉」や巡礼地の意を込めた固有名詞として使用されている。ちなみに、べルナデッド自身も死後に遺体が腐敗しないという奇跡を起こし、キリスト教公認の聖人となっている。

« ●イエス・キリスト「十字架上の最後の七つの言葉」…!! | トップページ | ●ルルドの泉の奇跡と腐敗しないべルナデッドの遺体?…!! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ルルドの聖母(泉)と奇跡…!!:

« ●イエス・キリスト「十字架上の最後の七つの言葉」…!! | トップページ | ●ルルドの泉の奇跡と腐敗しないべルナデッドの遺体?…!! »