« ●聖フランチェスコ大聖堂…!! | トップページ

2015年3月 1日 (日)

●旧約聖書・出エジプト記をモチーフにした映画『十戒』について!!

◎映画『十戒』…1956年米/監督:セシル・B・デミル/主演:チャールトン・へストン他…◎映画『十戒』より~/預言者モーゼを演じるチャールトン・へストン。クライマックスシーンの紅海が割れる有名なシーン。
†『十戒(The Ten Commandments,1959年米)』
・歴史映画であり、「旧約聖書」の「出エジプト記」を原作制作されたスペクタクル史劇大作。70ミリカメラは当時は珍しくはじめての撮影であり、制作,監督はセシル・B・デミルで最後の映画作品となる。出演はチャールトン・へストン,ユル・ブリンナーほか。「旧約聖書」に書かれている預言者モーゼがエジプトの奴隷階級にあるユダヤの民を引き連れエジプトを脱出。紅海が割れ、その中をモーゼなど出エジプト(ユダヤ,ヘブライ人)の民が海の中を進めクライマックスシーンは見る者を魅了する。
◎ストーリー…ヘブライ人がエジプトの奴隷とされていた時代、一人のヘブライ人の男の子が生まれる。ファラオは救世主の誕生を恐れた為、ヘブライ人の男の幼児をすべて殺すように命令する。難を逃れる為、その子は籠に入れられ、ナイル川に流されたが、沐浴していたエジプトの王女べシアに拾われる。べシアはその子をモーゼと名付け、自分の子として育てる。モーゼは武運に優れ知恵のある立派な青年に育ち、王からもその優秀さを認められつつあった。だが王子のラメセスに出生の秘密を知られ砂漠に追放される。放浪の末に彼はシナイ山の麓にたどり着き、そこで羊飼い達に救われた。彼は族長のジェスロから仲間として認められ、7人姉妹の長女・セファラを妻として新たな生活を始める。そんなある日、ヨシュアが尋ねてきてエジプトに戻り民に自由を与えて欲しいと語る。そしてモーゼは山の頂に不思議な光を見た。山を登っていくと彼は光の中から神の声を聴く。モーゼは、汝はヘブライ人をエジプトより導き出すように神からの啓示を受けた。モーゼはエジプトに戻り、王となっていたラメセスとネフテリの前に現れてヘブライ人を解放するように求めるが、認めようとしない。モーゼは神から十の災いがエジプトを襲うと警告し、その言葉通り国土は次々に災禍に襲われ、ラメセスは頑なとして首を縦に振らなかった。しかし最後の災い家の玄関の柱の門に子羊の血を塗らない家は人と家畜のすべての初子を殺す。玄関に血が塗られている家だけは過ぎこして行く(過ぎ越し祭の原典)。やがてエジプト全土に広がり、ラメセスの息子までもが死の淵に立たされる。遂にヘブライ人は出て行くがよいとラメセスは言った。翌朝、ヨシュアに導かれて大勢のヘブライ人達がモーゼの前に集まり、共にエジプトを旅立つ。しかしラメセスの息子が死に、愛する我が子を失ったラメセスは、エジプト軍を引き連れて攻撃に出て、紅海の手前までヘブライ人達を追い詰める。しかしモーゼが神に祈ると、神は火の柱でラメセスの軍の進攻を妨げ、その後紅海を二つに割り、エジプトを出たヘブライ人達をその海の中に出来た廻廊を歩かせて対岸まで逃れさせた。暫くして火の柱が消え、道が開けたエジプト軍がヘブライ人を追って、紅海の中に出来た廻廊を進むと、モーゼは再び神に祈りを捧げ、今度は廻廊が海に戻り、あっと言う間にそこは海の中となってラメセスの軍は彼だけを残して波間に消えていった。ラメセスはネフテリのもとに戻り、彼の神こそ真実の神だと語る。その後、モーゼは四十日間シナイ山に籠り、やがて光は岩に人間が犯してはならない十の戒めを刻んでいって、そしてその十戒を神から授かった。一方その間にヘブライ人達は神に対する信仰を忘れ、金の子牛に対する偶像崇拝を始めて享楽に耽っていた。山を下りてその有様を見たモーゼは神の怒りを知れと、その十戒を刻んだ石板を金の子牛像に投げ入れると大地が割れ火が燃え盛り、罪深き人々はその割れた大地の間に落ちていった。神は怒り、ヘブライ人に罰を与え、彼らを四十年に渡って荒野をさまよわせた。やがてヨルダン河のほとりのネボの山麓にたどり着いた。ここでモーゼはヨシュアを後継者として杖を与え、妻セファラに別れを告げヨルダン河と約束の他カナンを目指す彼らを後にして、神の前に行くべくただ一人ネボの山を登っていった。……*一部ウィキペディア引用
◎『十戒』の刻印の内容…
モーゼは山頂で神の言葉をまった。「主よ!民をここへ導き、主の戒律をさずけよう。…どうぞ、お言葉を…」すると、雷鳥とともにあらゆる場所から光が集まり、火柱が宙に浮かんだ。神はモーゼの立つ岩に向けて火を放った。「十戒」を刻印したのである。
一、我は汝の神ヤーウェ、汝をエジプトから導いた者、我の外何ものも神とするなかれ
二、汝自らの為に偶像を作って拝み仕えるなかれ
三、汝の神ヤーウェの名をみだりに唱えるなかれ
四、安息日をおぼえてこれを聖くせよ
五、汝の父母を敬え
六、汝殺すなかれ
七、汝姦淫するなかれ
八、汝盗むなかれ
九、汝隣人に対して偽りの証をするなかれ
十、汝隣人の家に欲を出すなかれ
★次回は、リドリー・スコット監督作品・映画『エクソダス―神と王』について~!

« ●聖フランチェスコ大聖堂…!! | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ●聖フランチェスコ大聖堂…!! | トップページ