ウェブログ・ココログ関連

2014年8月14日 (木)

●黒い聖母の謎…!!

《ヤスナ・グラの聖母》…ロシアの画家/14世紀/テンペラ/チェストホーブア(ポーランド)、ヤスナ・グラ修道院-1382年、エルサレムから、クラクフ郊外にあるこの修道院にもたらされたイコンとされる。修道院が火災にむわれた際に、煤で顔が黒くなったことから、「黒い聖母」と呼ばれている。ポーランドでは、カトリックと正教会、どちらの信徒からも崇敬され、8月15日、聖母被昇天の日には全土から信徒が訪れる。《グアダルーペの聖母》…作者不詳/グアダルーペ(スペイン)、サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王位修道院-13世紀後半、羊飼いのヒル・コルデロがグアダルーペの河岸で聖母像を発見したのを契機に、スペイン国王が礼拝堂を建設。この聖母像が褐色なのは、現地で農作業に従事する人々の肌が、日焼けして褐色であることに配慮したためではないかといわれる。福音書記者ルカが、この像を彫ったとの伝説もある。スペインの守護聖母として崇敬されている。
◎[大地の豊饒を暗示する色を聖母が取り込んだ?]…
・「黒い聖母崇拝の博物誌」の著者、イアン・ベックの調べ。によれば、世界中に黒い聖母と呼ばれるものが、約460体も存在するという。聖母は、神聖さや純潔を表す「白」こそ相性がいい。白い処女女性そのものでさえある。だからこそ人々は、黒い聖母に疑問を投げかけ、好奇のまなざしを向けるだろう。処女マリアと、死や悪魔を思わせる「黒」という組み合わせが、しっくりこないかもしれない。黒い聖母が存在する理由については、今も諸説ふんぷんである。たとえば、ポーランドのヤスナ・グラのイコン(聖像)は、火災や積年のろうそくの煤で黒くなったのだし、スペインのモンセラートの聖母は、もともと素材の木が黒いだけだ、という人もいる。また、『旧約聖書』のソロモンの「雅歌」には、こんな一節がある。「イスラエルの娘たちよ。私は黒いけれど美しい、ケダルの天幕のように、ソロモンの幕屋のように」ここから黒い聖母信仰が起こったと指摘する人もいる。この歌によれば、聖母が黒いのは日焼けのせいだという。つまり、日焼けした白人という認識だろうか。確かに、マリアの育ったイスラエルでは、それも自然なことだろう。そもそもも金髪碧眼で、透けるような美肌のマリア像があったとしたら、そのほうがよほど現実離れしている。思うに、スペインのグアダルーペや、南イタリアに数ある黒い聖母が、今も熱狂的に現地で支持されているのは、小麦色の肌をした地元の人々にとっては、そのほうがずっと親しみやすく、自然に映るからではなかろうか。別の説によれば、十字軍の遠征以後に、黒い聖母の数が急増していることから、遠征先である北アフリカから、イシスやアルテミスといった黒い女神像を持ち帰ったのが原因だという。この指摘は、うなずけるものがある。その証拠に、パリのサン・ジェルマン教会に安置された聖母は、実はイシスだったと発覚した16世紀に、撤去されたそうだ。
◎黒に隠されたもう一つの意味……
・また、黒い色を積極的に解釈する説にも納得できる。黒が喪に服す色であることから、黒い聖母を「悲しみの聖母」の変形とする説だ。修道士の僧衣のなかには黒いものもあるが、それはイエスの喪に服していることを示す。錬金術の世界でも、黒は死だけでなく、再生を意味する。何より、地母神たる女神たちにとっては、黒は大地の色そのものだ。黒い肥沃な大地は、地上で死した命を迎え、そこから新たな豊饒を生み出す。死と再生をともに包含する黒という色は、まさに聖母マリアにふさわしい色かもしれない。

2014年6月28日 (土)

●「旧約聖書」によるノアの方舟と「新約聖書」-「マタイによる福音書」にみるノアの方舟…!!

◎「ノアの方舟」…作者不詳?「最後の審判」…17世紀にピーテル・パウル・ルーベンスによって描かれた「最後の審判」
◎旧約聖書
[エピソード4]=「祝福と契約」……
創世記9.1-17
・神はノアと彼の息子たちを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちよ。地のすべての獣と空のすべての鳥は、地を這うすべてのものと海のすべての魚と共に、あなたたちの前に恐れおののき、あなたたちの手にゆだねられる。動いている命あるものは、すべてあなたたちの食糧とするがよい。わたしはこれらすべてのものを、青草と同じようにあなたたちに与える。ただし、肉は命である血を含んだまま食べてはならない。また、あなたたちの命である血が流された場合、わたしは賠償を要求する。いかなる獣からも要求する。人間どうしの血については、人間から人間の命を賠償として要求する。人の血を流す者は、人によって自分の血を流される。人は神にかたどって造られたからだ。あなたたちは産めよ、増えよ地に群がり、地に増えよ。」神はノアと彼の息子たちに言われた。「わたしは、あなたたちと、そして後に続く子孫と、契約を立てる。あなたたちと共にいるすべての生き物、またあなたたちと共にいる鳥や家畜や地のすべての獣など、箱舟から出たすべてのもののみならず、地のすべての獣と契約を立てる。わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を湧き起こらせ、雲の中に虹が現れると、わたしは、わたしとあなたたちならびにすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた契約に心を留める。水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。雲の中に虹が現れると、わたしはそれを見て、神と地上のすべての肉なるものとの間に立てた永遠の契約に心を留める。」神はノアに言われた「これが、わたしと地上のすべて肉なるものとの間に立てた契約のしるしである。」
◎「マタイによる福音書」にみるノアの方舟……
24章36-44[目を覚ましていなさい]-「その日、その時は、誰も知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである。人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。洪水になる前は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、何も気づかなかった。人の子が来る場合も、このようである。その時、畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。だから、あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。

2014年6月22日 (日)

●「ノアの方舟」と旧約聖書のあらすじ…!!

◎「大洪水風景」…19世紀、テオドール・ジェリコー画(ルーブル美術館)より。◎「箱舟の出発」…16世紀イタリアの油彩画。
◎旧約聖書
[エピソード3]=「新世界を導く大洪水」……
創世記8.1-22
神は、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた。また、深淵の源と天の窓が閉じられたので、天からの雨は降りやみ、水は地上からひいて行った。百五十日の後には水が減って、第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。水はますます減って第十の月になり、第十の月の一日には山々の頂きが現れた。四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、烏を話した。烏は飛び立ったが、地上の水が乾くのを待って、出たり入ったりした。ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。更に七日待って、彼は再び鳩を箱舟から放した。鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。彼は更に七日待って、鳩を放した。鳩はもはやノアのもとに帰って来なかった。ノアが六百一歳のとき、最初の月の一日に、地上の水は乾いていた。第二の月の二十七日になると、地はすっかり乾いた。神はノアに仰せになった。「さあ、あなたもあなたの妻も、息子も嫁も、皆一緒に箱舟から出なさい。すべて肉なるもののうちからあなたのもとに来たすべての動物、鳥も家畜も地を這うものも一緒に連れ出し、地に群がり、地上で子を産み、増えるようにしなさい。」そこで、ノアは息子や妻や嫁と共に外へ出た。獣、這うもの、鳥、地に群がるもの、それぞれすべて箱舟から出た。ノアは主のために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす捧げ物として祭壇の上にささげた。主は宥めの香りをかいで、御心に言われた。「人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ。わたしは、この度したように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい。地の続くかぎり、種蒔きも刈り入れも寒さも暑さも、夏も冬も昼も夜も、やむことはない。」

2014年6月14日 (土)

●映画「ノア約束の舟」=映画「天地創造」…旧約聖書の世界驚異と感動の大スペクタクル!!

◎映画「ノア約束の舟」…監督・制作・脚本/ダーレン・アロノフスキー:出演/ラッセル・クロウ:ジェニファー・コネリー他…◎映画「天地創造」よりノアの箱舟…監督・出演/ジョン・ヒューストン…旧約聖書のエピソードをジョン・ヒューストン自ら映画化し話題を呼んだ。ノアの箱舟など七つのエピソードで描く。
◎映画「天地創造」よりノアの箱舟。…洪水のシーンの制作費だけとっても一本の映画が作れる程のスケールである。当時75億円。1966年イタリア/アメリカ合作
◎旧約聖書
[エピソード2]=「大洪水」……
創世記-7.1-24
主はノアに言われた。「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。あなたは清い動物をすべて七つがいずつ取り、また、清くない動物をすべて一つがいずつ取りなさい。空の鳥も七つがい取りなさい。全地の面に子孫が生き続けるように。七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。ノアが六百歳のとき、洪水が地上に起こり、水が地の上にみなぎった。ノアは妻子や娘たちと共に洪水を免れようと箱舟に入った。清い動物も清くない動物も、鳥も地を這うものもすべて、二つずつ箱舟のノアのもとに来た。それは神がノアに命じられたとおりに、雄と雌であった。七日が過ぎて、洪水が地上に起こった。ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日、この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた。雨が四十日四十夜地上に降り続いたが、まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の嫁たちも、箱舟に入った。彼らと共にそれぞれの獣、それぞれの家畜、それぞれの地を這うもの、それぞれの鳥、小鳥や翼のあるものすべて、命の霊をもつ肉なるものは、二つずつノアのもとに来て箱舟に入った。神が命じられたとおりに、すべて肉なるものの雄と雌とが来た。主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。洪水は四十日間地上を覆った。水は次第に増して箱舟を押し上げ、箱舟は大地を離れて浮かんだ。水は勢力を増し、地の上に大いにみなぎり、箱舟は水の面を漂った。水はますます勢いを加えて地上にみなぎり、およそ天の下にある高い山はすべて覆われた。水は勢いを増して更にその上十五アンマに達し、山々を覆った。地上で動いていた肉なるものはすべて、鳥も家畜も獣も地に群がり這うものも人も、ことごとく息絶えた。乾いた地のすべてのもののうち、その鼻に命の息と霊のあるものはことごとく死んだ。地の面にいた生き物はすべて、人をはじめ、家畜、這うもの、空の鳥に至るまでぬぐい去られた。彼らは大地からぬぐい去られ、ノアと、彼と共に箱舟にいたものだけが残った。水は百五十日の間、地上で勢いを失わなかった。

2013年9月25日 (水)

●ネコとキリスト教の関係その②・幸運を招くネコ~不思議なCMタケモトピアノ♪…!!

◎コラット種。コラットの起源はアユタヤ王朝の時代(西暦1350-1767年)にまでたどるものとされている。高原のコラット地方に生息する「シ・サワット」(幸運をもたらす猫)という銀青色の猫の話しが現れており、この時代には既に幸運と繁栄の象徴として大切にされていたと考えられています。おとなしくて人見知りな所もありますが、頭がよく、時に飼い主に甘えてくるとても優しい性格の猫です。。◎セラピー猫としてごく一部の猫が活躍中。
◎不思議なCM「タケモトピアノ」
◎ネコとキリスト教の関係…その②
古代エジプトではネコは「神の使い」、または猫神として崇められていた。中世に入るとキリスト教文化圏ではネコは"悪魔や魔女の使い"として忌み嫌われ、一説によると神聖ローマ帝国にはネコが一匹もいなかった。住民が教会の指導でこぞってネコを殺していたらしい。よってヨーロッパで黒死病(ペスト)が流行し、ペストはクマネズミが媒介する、やっかいな疫病である。天敵であるネコが減ったことでネズミが大発生し、ネズミによって運ばれたペスト菌によって黒死病(ペスト)で何千人もの命が皮肉な結果をもたらしました。猫にとっての暗黒時代も17世紀末になると急速に衰退していきます。衰退の要因は様々ですが、ガリレオ・ガリレイ(1564年~1642年)、ルネ・デカルト(1596年~1650年)アイザック・ニュートン(1643年~1727年)など近代的な知性の持ち主たちが次々と登場し、人々の意識を変えたこと、知識階級の魔女に対する見方が変化し、安易に処刑をしなくなったことなどが挙げられます。一般庶民が魔女や悪魔を恐れて「魔女」を告発しても、前近代的な考え方から脱却した裁判を担当する知識階級が無罪放免にしてしまうケースが増え魔女裁判そのものが機能しなくなってしまいました。したがって大切な穀物と人間をネズミから守る為にとペットとしての役割が明確されました。
◎猫の瞳は神秘的…
古代エジプトでは、猫の瞳の変化は、太陽の回転に従うものであり、闇の中で物を見ることができるのは、夜、太陽がネコの目を通して下界を見るためだと考えられた。猫の頭を持つ女神バステトは、恵み豊かな太陽の熱を神格化したもので、夜になって眠りこんだ太陽を蛇どもから守る為に寝ずの番をしているという。
◎ネコは万能薬!?…
古代エジプト人によると、ネコは神聖な生き物とされ、皮膚病、片思い、うつ病などあらゆる病気治療の万能薬とされた。今では病院のごく一部ですがセラピー猫として活躍中。よって、後世の残虐行為からネコは免れたという一説もあります。◎幸運を招くネコ(神の使い、天命)…
よく猫は人々を救う神聖な生き物、神秘的な動物として伝えられることが多い。大切な穀物をネズミから守ることはよく知られるところですが、人々を幸運へと導く為に神から使命を与えられているという話しもよく聞きます。例えば、普段考えられない所に野良猫や捨て猫がいた場合。お地蔵さんのそば、教会、お寺や神社です。それはただの猫ではないかも知れません。お地蔵さんのそばにいた捨て猫の場合、仏教では人々は六道輪廻に苦しむ為、仏が猫を人々から救う為、又は幸運に導く為に使わせられるという話しを聞いたことがあります。教会やお寺、神社でも同じです。ちなみに、猫は人々のオーラが見えるそうです。
◎泣く子もだまる不思議なCM(タケモトピアノ)!?…
タケモトピアノCMは泣く子もだまる不思議なCM。マスコミやネットで話題になっているのが関西ローカルCM「タケモトピアノ」のCM。もともとはピアノの買い取り、販売専門業者(リサイクル)で業績を伸ばしてきた会社である。しかし、このCM「タケモトピアノ」のCMを放映した所、生後の赤ちゃんからグズついてる子供までもがCMが放映されるや泣き止むという不思議な現象がいくつも報告されているという。それは"財津一郎"の声の音域なのか?音楽のメロディーなのか?はたまたネコの泣き声なのか?…
♪ニャーン。ニヤン。電話してちょーだい。もっともーとタケモト。電話してちょーだい。もっともーとタケモト。ピアノ売ってちょーだい。ニャーン。

2013年7月27日 (土)

●スペイン脱線事故(7月25日)その先にはキリスト教三大聖地サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂がある?…!!

《聖大ヤコブ》…背に袋を背負い、杖を手にした、巡礼者姿のヤコブ。聖ヤコブの亡骸が眠るとされるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステラは、キリスト教徒にとってエルサレム、ローマに次ぐ第三の巡礼地となった。フランスからピレネー山脈を越えて続くこの聖地への長い巡礼路を、今も年間10万人がたどっているという。なお、「サンティアゴ」は「聖ヤコブ」を意味する。-[エル・グレコ/1597-1693年/トレド(スペイン)、サンタ・クルス美術館]《サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂(スペイン)》…聖ヤコブ(スペイン語でサンティアゴ)が眠る大聖堂は、9世紀、アルフォンソ2世によって建造されたロマネスク様式の聖堂。10世紀末、イスラム教徒に破壊された後、11~12世紀にかけて再建されている。その後も改修が重ねられ、建物正面は1738~50年の建造である。
◎サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂の夜景◎サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂の正面(スペイン)。7月25日はカトリック聖人聖ヤコブの祝日。今も年間約10万人の巡礼者が訪れるというキリスト教三大巡礼地の一つである
≪聖大ヤコブとは?≫………「キリスト教第三の巡礼地に眠る使徒殉教者」…十二使徒にはヤコブの名をもつ者が二人いるが、ゼベダイの子で、福音書記者のヨハネの兄ヤコブは、イエスの弟ヤコブよりも先に使徒となったので、大ヤコブと呼ばれる。大ヤコブとヨハネはガリラヤの漁夫だったが、舟の中で網の手入れをしているところを、イエスから呼び出され、弟子に加わった。キリスト昇天後、最後はエルサレムで、ヘロデ・アグリッパ1世の命令により、剣で殺害された。最初の使徒殉教者である。ヤコブの名が華々しく甦ったのは中世初期のスペインで、かつてヤコブが訪れて福音を伝えたという伝説が流布し、スペインの守護聖人として崇拝を受けるようになった。その伝説によると、ヤコブは貴族出身で、キリストの奇跡を目の当たりにして改宗、師の昇天後は伝道を続けてついにスペインに至り、聖母マリアを幻視して聖堂を建立。エルサレムに戻って殉教したが、遺骸はスペインに運ばれたという。そして9世紀、スペイン北西部のコンポステラ(のちのサンティアゴ・デ・コンポステラ)でヤコブの墓が「発見」されるや、この地は巡礼の聖地としてにぎわいだし、ヤコブにまつわる巡礼伝説が派生していった。ヤコブ像の杖は巡礼杖を示す。貝殻もアトリビュートだが、その由来ははっきりしない。

その他のカテゴリー